Chromeがプチフリする時の対処法

ページ読み込み時や動画読み込み時などにChromeがプチフリーズしてしまう場合の対処方法の一つを紹介します。

広告 (下に続く)

現象

Chromeがプチフリーズする現象が発生しました。多くはページ読み込み時や動画読み込み時などのタイミングで10秒弱フリーズし、その後何事もなかったかのように復活するという現象です。

広告 (下に続く)

原因

フリーズ中、PCのディスクアクセスランプが多く点滅していることが気になりました。Moo0 ファイルモニターにてアクセス先を調べた所、ユーザープロファイルにアクセスされていました。ユーザープロファイルが肥大化していたり破損していたりしていることが原因です。

広告 (下に続く)

対処

ユーザープロファイル初期化の準備

ユーザープロファイルを初期化することで対処します。

まず、メニューよりChromeにログインして、設定をGoogleアカウントに登録します。

しばらく放置します。その間にGoogleのサーバーへ設定他が送信されます。

一方、拡張機能を使用していた場合、拡張機能の設定はGoogleへは送信されませんので、手動で保存します。メニュー→その他のツール→拡張機能より「オプション」が存在する場合は開いてスクリーンショットを取るか、エクスポートします。

例えば、Adblock Plusの場合、エクスポート機能が存在しないため、オプションから

ドメインリストをコピペしてメモ帳に貼り付けます。

例としてTampermonkeyの場合、エクスポート機能を用いてエクスポートします。

ユーザープロファイルを削除

削除作業を行います。メニュー→設定→ユーザーより、削除するユーザープロファイルの右側「×」マークをクリックします。

ユーザープロファイルの作成

作成作業を行います。メニュー→設定→ユーザーより、「ユーザーを追加」をクリックします。その後、先程登録したアカウントに再度ログインします。

設定等を復元する

ログインしたら「Chromeの同期」が表示されますので、OKをクリックするとしばらくして設定他が復元されます。

拡張機能もそれぞれ手作業で設定を戻します。

例としてTampermonkeyの場合、インポート機能を用いてインポートします。

以上でユーザープロファイルの初期化が完了しました。Chromeのプチフリが改善されたと思います。

これでも直らない場合は原因が他にあると考えられます。

シェアする