ニコニコ大百科の「最近更新した記事」を隠す方法

ニコニコ大百科でユーザーページにて公開されてしまう「最近更新した記事」を実質非表示にする方法を紹介します。

広告 (下に続く)

概要

ニコニコ大百科には「ユーザー記事」というページが存在します。このページは記事の編集履歴からリンクを貼られたりユーザーIDが分かれば直接アクセスも可能なページです。

例えばユーザーIDが「1」、運営の鈴木慎之介(しんの)さんのユーザーページはこちらの画像のように見えます。

このうち、赤枠で囲った「最近更新した記事」を実質非表示にする方法を紹介します。

広告 (下に続く)

設定では非表示不可

設定で非表示に出来るのは統計情報のみで、「最近更新した記事」は非表示に出来ません。

実質非表示にする方法

同じ記事を更新してもそれぞれ掲載され、ユーザー記事の更新も含むという仕様です。よって「最近更新した記事」はユーザー記事を30回編集することによって実質非表示になります。

ニコニコ大百科の連投期限は60秒です。繰り返しタイマーで60秒ごとに編集した場合、およそ1800秒(=30分)で埋めれます。

広告 (下に続く)

ユーザー名も工夫してみる

この編集を行う前に、ニコニコ動画の設定画面からユーザー名を「ゲスト」(初期設定のユーザー名)にしておきましょう。そして、ニコニコ大百科のページにてログアウト→ログインしてニコニコ大百科のユーザー名が「ゲスト」に変更されたことを確認します。

30回投稿して埋めたら、ニコニコ大百科からログアウトします。ニコニコ動画の設定画面からユーザー名をお好みに変更します。

この作業によって、ニコニコ大百科に再度ログインするまでは、ユーザー名が「ゲスト」になります。記事の編集履歴内で区別されにくくなる他、検索避けにも役立ちます。

シェアする