スリムケースNODE 202でミドルレンジPCを組んでみた

Fractal DesignのNODE 202というMini-ITX対応スリムPCケースにミドルレンジゲーミングPCを組んでみた記録です(1年前の記録です)。

Fractal Design NODE 202

とにかく小型なゲーミングPCを組みたく、いろいろ探していたところ、Fractal Design NODE 202がバランスが取れていて良いという噂を聞き、デザインもシンプルで自分好みだったので、購入しました。(白色があったら良かったのに・・・)

Fractal Design PC Hardware — Start (JP) — Cases - Fans - PSU - Cooling
Fractal Design is a leading designer and manufacturer of premium PC hardware including cases, cooling, power supplies and accessories.

スペック

目標は次のとおりです。

  • ゲームもするし動画エンコードもするし普段使いもするので、静音とまでいかなくても、静かで光らないようにしたい
  • ゲームはETS2Cities:Skylinesオープンワールドゲーム・簡単なVRゲームが画質高で60FPSがでるくらいでプレイしたい
  • パーツの使い回しがきくよう、SkylakeまたはKabyLakeにしたい
  • コスパを高くしたい

目標を踏まえて、下記のスペックとしました。

OSWindows 10 Pro (使い回し)
CPUIntel Core i7-7700 @3.60GHz (新規購入)
クーラーRAIJINTEK ZELOS (使い回し)
メモリPC4-17000(DDR4-2133) 16GB (使い回し)
GPUMSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC
(新規購入)
MBGA-H170N-WIFI (使い回し)
ストレージ・SSD 256GB CSSD-S6T256NHG6Z (THNSNJ256GCSY) (新規購入)
→信頼と実績のMLC NAND(絶滅危惧種)を搭載!
・SSD 120GB インテル SSD 320 シリーズ (SSDSA2CW120G3) (使い回し)
→さすがに容量が少なくてサブにしました。
・HDD 1TB MQ01ABD100 (使い回し)
→静音性がとても高いHDDです。
電源Corsair SF450 (使い回し)

補足

CPU

CPUはi7-7700にしました。使い回すSkylake用のマザーボードで装着できる2番目に高級なCPUとなります。今回は電源が450Wしかないのでオーバークロックモデルは選べず、i5-7600とかなり悩みましたが、C:Sなど多コア向きなゲームをすることが多いことと、i7-7700がキリ番で覚えやすい(?)のもあり、思い切って購入しました。

GPU

GPUはGTX 1060 6GBモデルにしました。メモリ&VRAM爆食いのC:Sの他、最適化がされていないゲームなどもやることが多く、VRAM不足でゲームが落ちることがありました。

そこで、VRAMが6GB搭載されているGTX 1060としました。GTX 1060ならば、なんとかVRゲームもプレイできます。

MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OCはとてもコンパクトで、今回のような小型ケースでも余裕で入ります。

電源

今回購入していませんが、電源をご紹介。

Corsair SF450は、1系統12V 37.5Aの出力ができる80PLUS GOLDのSFX電源ユニットです。フルモジュラーなので小型PCにもってこいです。

今回の構成では、最大負荷で450Wの60%くらいなのでちょうどよいと思っています。あまり熱を持たず、変換効率高いんだなぁと実感します。

また、12V電源ON時とOFF時にリレーの「カチッ」て音がする電源で、LEDを見なくても電源が落ちたのがわかって安心します。

組み立て

組み立て後はこうなりました。思ったよりも組み立てしやすかったです。

NODE 202でスリムミドルレンジPCを組んでみた

グラフィックボード

スリムケースなのでグラフィックボードはアタッチメントを付けて角度を変えます。

アタッチメント

マザーボードにはしっかり固定できました。

マザーボードに固定

ただ、マザーボードとアタッチメントの間がなんだか絶妙に浮いているのです。どうやって精度を確保しているのだろうとは思っていたのですが、やはり限界があると思いました。とはいえ、通電には問題なさそうでした。

マザーボードが浮いている

とにかくコンパクトなグラフィックボードだったので、スペースにはかなり余裕があります。オプションのケースファンが付けられました。

ケースファンが設置できた

ここにもスペースが残りました。

グラフィックボードの空きスペース

やはり精度の問題でネジ締めがしにくい上に、ネジの材質が柔らかく、1本ネジ穴が潰れてしまいました。ストックしてあったインチネジで代用しました。

ストレージ

ストレージの固定が独特です。2.5インチのストレージ底面をネジで固定します。電源もSATAケーブルもL字のため、取り付ける前からどの向きが一番配線しやすいか、シミュレーションしました。赤いストレージはHDD壊したくなかったので仮で付けたSSDです。

SATAケーブル

試行錯誤中・・・

SATAケーブル+電源

電源ケーブルが折れてしまいますが、この方法にしました。

SATAケーブル+電源

ケースに装着したらこうなります。このケースの中でとにかく窮屈なところで、ケーブルのシミュレーションがいかに大切なのがおわかりいただけると思います。どうしてもケーブルが引っ張られてストレージに負荷がかかってしまいます。L字でなければ設置できないかもしれません。

追加で画像右側にSSD 1台を両面テープで設置しています。

CPUクーラー・ケースファン

CPUクーラーとケースファンを固定するときにバックパネルの取り外しが必要なのですが、このケースはツメで固定されており取り外しに苦労しました。

フロントの器具類が引っかかって壊しそうになりました。

フィルターにケースファンがひっかかるのでファンガードを付けています。

フィルター掃除するときもバックパネルを外さなければならないのは辛いです。掃除機で半分くらい取れますが・・・。

CPUクーラーも無事取り付けられました。

アクセスランプ

画像下、このケースにアクセスランプが付いていなかったので、無理矢理取り付けました。アクセスランプで安心するマンなのです・・・。

コメント