SSDLife FreeをPCログイン時に自動起動する方法

SSD用ユーティリティであるSSDLife FreeをPCログイン時に自動起動する方法を紹介します。

広告 (下に続く)

SSDLifeは常時起動してこそ意味がある

SSDLifeはSSDの寿命予測を具体的な日数で示すという機能があります。この機能は、数日間のSSDへの書き込み量を記録し、その傾向を参考にして具体的な日数を計算しています。よって、SSDへの書き込み量を常時起動し記録させることが重要です。

広告 (下に続く)

自動起動する方法

WinキーとRキー同時押し後、「taskschd.msc」を入力してタスクマネージャーを起動します。

メニューの「操作(A)」→「基本タスクの作成(B)…」を選択します。

名前を「SSDLife Free」などに登録します。

タスクトリガーを「ログオン時」に設定します。

操作を「プログラムの開始」に設定します。

プログラム/スクリプトにSSDLifeのソフトを参照して設定します。

「完了をクリックしたときに、このタスクのプロパティダイアログを開く」のチェックを入れてから(画像では入っていません)、最後に完了をクリックします。

全般タブの「最上位の特権で実行する」を有効にします。

操作タブの「コンピューターをAC電源で使用している場合のみタスクを開始する」を無効にします。

以上です。

広告 (下に続く)

シェアする