レンタルサーバーにtiny tiny rssをインストール

レンタルサーバーにtiny tiny rssを簡単にインストールする方法を紹介します。PHPとMySQLが動作する一般的なレンタルサーバーであれば、概ねインストールできます。

広告 (下に続く)

tiny tiny rssとは

tiny tiny rss(略称tt-rss)とはサーバーサイドのオープンソースRSSクライアントです。インストールしたURLにアクセスするだけで見れるのでスマホなどからどこでも見れる・高頻度でRSSを取得しに行くので更新頻度が高いサイトでも逃さずキャッチしやすい・登録したレンタルサーバー業者以外に登録しているRSSの情報が知られないなどの特徴があります。一方、定期的にtt-rssをアップデートするなどの保守が必要になります。

インストール不要で登録制のサービスとしてfeedlyがありますが、RSSの登録数に制限がある、Googleアラートの登録が不可、更新間隔が長い、RSS登録情報がfeedlyに知られるといった欠点があります。

広告 (下に続く)

データベースの作成

まず、事前準備として、さくらのレンタルサーバのコントロールパネルより、MySQLのデータベースを作成します。

さくらのレンタルサーバーのコントロールパネルを開きます。

データベースの設定よりデータベースの新規作成を行います。

適当なデータベース名を設定し、作成します。

tt-rssをダウンロード

次に、tt-rssをダウンロードします。

git/tt-rss
Tiny Tiny RSS

スクリーンショットを参考に、左上のSwitch tagより一番新しい安定バージョン(執筆時点では17.4)を選択肢、右上のダウンロードボタンからZIPでダウンロードして解凍後FTPでアップロードします。知識のある方は、コマンド「git clone https://tt-rss.org/git/tt-rss.git tt-rss」を使ってSSHからリポジトリを複製すると迅速にコピーできます。

設定

「http://[インストールしたURL]/install/」を開くとインストール画面が出てきます。

Database type は MySQL
Username は ユーザー名(初期アカウント名)
Password は 設定しているパスワード
Database name は 先程設定したデータベース名
Host name は コントロールパネルに記載のmysql[数字].db.sakura.ne.jp
Port は 3306
Tiny Tiny RSS URL は 現在アクセスしているURLから/install/を消したもの

Test configurationをクリック、その後Save configurationをクリックすると無事インストール完了です。

ログイン

http://[インストールしたURL]」からログインします。初期はログイン:「admin」、パスワード:「password」になっています。

ログイン後、右上の設定より、パスワードを変更します。他のユーザーアカウントが必要なければ、アカウントを追加せずにadminを通常使用すればよいと思います。

CRONを設定する

tt-rssのRSSを巡回させるには、サーバー内部から「update.php –feeds –quiet」を定期的に実行させる必要があります。そのためにCRONを設定します。

さくらのレンタルサーバーのコントロールパネルより、「CRONの設定」を開きます。

次のCRONを設定します。この場合、15分ごとの取得となります。これ以上上げると規制がかかる場合があります(自己責任で頻度を上げたい場合、それぞれのCRONの「分」をカンマ区切りで複数指定すれば可能です)。

1つ目:

実行コマンド は 「/usr/local/bin/php /home/[ユーザー名]/www/[設置パス]/update.php --feeds --quiet 1> /dev/null
月 は 「*
日 は 「*
時 は 「*
分 は 「0
曜日 は 「日月火水木金土
コメント は 任意

2つ目: 1つ目の「分」を「15」に変更、他は同上

3つ目: 1つ目の「分」を「30」に変更、他は同上

3つ目: 1つ目の「分」を「45」に変更、他は同上

以上で設定は完了です。

広告 (下に続く)

アップデート

tt-rssは日々プログラムが改良されているので、定期的にアップデートする必要があります。アップデートするには、「tt-rssをダウンロード」項を参考に上書きするだけです。ただし、config.phpの書式が更新されている可能性があるので、注意します。また、更新中にCRONによってupdate.phpが呼ばれると不具合が生じる可能性があるので、update.phpは一時的に削除しておくことをおすすめします。

シェアする