/packer/でBase62エンコードしたJavaScriptコードをデコードするツール

/packer/でBase62エンコードしたJavaScriptコードをデコードするツールです。

デコードツール

eval(function(p,a,c,k,e,r){e=function(c){return(で始まるコードをコピペしてDecodeボタンを押してください。すべてブラウザで処理され、サーバーには送信されませんのでご安心ください。

2重、3重にエンコードされている場合もあります。その場合は数回Decodeボタンを押してください。

デコードされたコードをわかりやすく見たい場合はOnline JavaScript beautifierのようなツールをご使用下さい。

Ready

スポンサーリンク

デコードコード

次のJavaScriptでデコードが可能です。

var a; /*デコード前のjs*/
var b; /*デコード後のjs*/
eval("b.value=String"+a.value.slice(4));

おまけ

/packer/はすでに開発を停止しています。現状ではエラーを引き起こすエンコードを行ってしまう場合があります。ECMAScript 5レベルまでのプログラムであれば使用できそうです。アロー関数式などは全滅のようで、最近のプログラムでは使えません。

公式サイト(http://dean.edwards.name/packer/)は消滅しました。PHPのクローンサイトは残っています。

Packer JavaScript en PHP
Version PHP du Packer JavaScript de Dean Edwards.

おまけ2

漫画村のアドフラウド(隠し広告)を実行するためのJavaScriptコードが/packer/で難読化されていたそうです。意外と難読化のツールとして使われるのかもしれません。

漫画村外伝:広告詐欺と仕掛け人三兄弟 | 無能ブログ
4月に閉鎖した大手海賊版サイト「漫画村」については、その収益化方法として画面に表示される広告(ディスプレイ広告)のほかに、Coinhiveを利用した仮想通貨マイニング、そして閲覧者の見えない部分で広告を表示させる「広告詐欺(アドフラウド)」も含まれていました。 今回漫画村で行われていたのは「隠し広告」とよばれるの広告詐...

コメント